スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回rouオフ使用構築 ギャンブルスタン(仮)

第3回rouオフに参加しました。最近やたらとオフモチベが高く、積極的に参加して養分勢になっていましたが、
なんと今回は予選を8-2で1位抜けし優勝することができました。トリオフの単タイプルールで優勝はしましたが、
オフのタワールールのシングルで結果を残せたのは初めてでしたので大変嬉しかったです。
いつもは予選の初戦で負けて調子が上がらずにボロ負けしていたのですが、
今回は初戦を勝てたことで流れに乗り6連勝することができました。
やはり勢いは大事ですね。

今回使用した構築です。
ギャンブルスタン

単タイプでは零度スイクンが決勝で無双して優勝したので、こっちでも零度スイクンを使おうという発想から組みました^p^
縁起を担ぐというのは精神的に効果があると思います^p^p^p^
PTの基本としてはボルトメタモンガブで耐久型対策に零度スイクンが入ってきたという感じになり、
威張る+零度なのでエンターテイメント性が非常に高い構築になっています。


それぞれの調整と役割

ボルトロス
特性:悪戯心
実数値:155-x-90-177-100-179
持ち物:きあいのタスキ
技:10万ボルト、めざめるパワー氷、電磁波、威張る

ボルトメタモンでお馴染みの威張る電磁波型。威張ると電磁波で後続への起点を作る。
初手で出すことが多くタスキを持たせた。威張るを安心して打つためだけでなく、
やたらと被弾した急所への保険にもなったため非常に頼もしいアイテムだった。
また、決勝戦ではナンスのミラーコートを耐えるという重要な仕事も果たした。
威張るが割とすぐに解除されるパターンが多かったので、
電磁波威張るでのずるは意外と少なかった印象。
選出率はこのPTでトップであり初手ボルトミラーも多かった。


メタモン
特性:変わり者
実数値:155-x-x-x-x-48
持ち物:こだわりスカーフ
技:変身

物理アタッカーへの威張るをそのままアドバンテージに繋げる頼もしいポケモン。
相手の積みエースへの抑止力にもなるポケモン。
反面、耐久ポケにはとても弱いためこのPTにはクレセリアなどがよく出てきた。
ボルトロスが電磁波を使うためスカーフが必須というわけではないが、
全抜きや電磁波が効かない地面ポケのアタッカーを考慮するとやはりスカーフが安定という結論に落ち着く。
準決勝ではココドラに変身するという珍プレーにより?相手を動揺させプレミを誘い勝利に貢献した。
選出率はボルトについで高かった。


スイクン
特性:プレッシャー
実数値:207-95-165-111-152-95
持ち物:オボンのみ
技:熱湯、冷凍ビーム、絶対零度、吠える

ボルトメタモンが苦手な耐久型への対策。メタモンと零度が苦手とする身代わり対策に吠えるを搭載した
(試合で使わなかったけど)。予選では4試合ほど選出し、そのうち3試合で勝利に貢献してくれた。
今回のオフではやたらとクレセリアが多かったので零度スイクンは重宝した。
吠える持ちであるため、耐久にかなり努力値を回し打点はほぼ零度頼みとなっている。
耐久にかなり回したおかげでハチマキカイリューの逆鱗を2耐えして返り討ちにすることもできた。


ローブシン
特性:鉄の拳
実数値:207-187-118-59-108-68
持ち物:ラムのみ
技:ドレインパンチ、マッハパンチ、冷凍パンチ、ビルドアップ

安定感のある鉄の拳ラムブシン。マンムーやユキノオーなどボルトロスが苦手な相手への対策として採用。
ボルトロスの電磁波で相手の物理型のSを下げて起点にしたり、
ラティやボルトなどを突破できるようにしたりとボルトロスとの相性はかなり良かった。
耐久寄りに調整したラム持ちなので、スイクンのジュエルドロポンなど不測の事態にも対応しやすかった。
選出率はメタモンと同じくらいだったと思う。


ガブリアス
特性:砂隠れ
実数値:183-182-116-90-105-169
持ち物:ドラゴンジュエル
技:逆鱗、地震、剣の舞、身代わり

ボルトメタモンによく組み込まされる逆電磁波砂おじさん。剣の舞ジュエル逆鱗の火力には爽快感があるが、
耐久調整したクレセリアは耐えることがあった。そのため意地っ張りの方が良かったのは分かっていて、
本当は意地っ張りの個体を用意する予定だった。選出率としては零度スイクンと同じくらいだったと思う。


クレセリア
特性:浮遊
実数値:209-*-142-114-151-147
持ち物:食べ残し
技:サイコショック、めざめるパワー炎、身代わり、瞑想

受けループ対策を想定して採用したが今回のオフでは1度も選出をしなかった。
このPT自体がぶっつけ本番だったためこのクレセリアの使用感が分からず、
選出に踏み切ることができなかった。
予選では1試合だけクレセリアを持っていくべきだったと後悔した試合がありました。
しかし、このPTだとしんどそうなガッサが出てこなかったので、
選出画面で圧力をかけることができたのではないかと考えられる。



割と思いつきで作ったPTでネタ枠としてオフに参加したつもりでしたが、
上手い具合に噛み合ったのか予選は結構安定して勝った試合が多かったと思います。
準決勝でココドラに弱いという予想外な弱点が発覚しましたが相手のプレミのおかげで勝つことができたり、
決勝のボルトミラーの先制挑発で電磁波を止められたことが逆に勝ち筋に繋がるなど運にも恵まれていました。
PTとしてはラキムドーは割と諦めててそれが出てこなかったのも大きかったと思います。

2度も優勝に導いた零度スイクンは私の魂のポケモンです。零度は挨拶

来年は就活やら修論やらで忙しくなりそうですが、余裕ができたらXYでのオフにも参加していきたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

プロフィール

バッテラ

Author:バッテラ
大会用に使うかも 大会するかは知らんけど 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。